こんな時期こそ知りたい『外出せずに家で楽しく過ごす方法』

YouTubeを任意の再生画質に固定する方法【Android/iOS】

YouTubeを利用している時に「毎回同じ画質で視聴する方法って無いのかな?」なんて感じることってありませんか?

外出時にスマホでYouTubeを頻繁に視聴する方の中には、通信量を抑えるために低画質で再生している...というケースも多いと思いますが、動画を再生するたび設定し直すのは面倒ですよね。

そこで今回は、YouTubeを任意の画質に固定する方法を調査してみました。さっそくですが、本記事でお伝えしている内容を簡単にまとめたので、お急ぎの方はコチラから確認してみてください。

スマホでYouTubeの画質を固定する YouTube公式アプリ上で設定した画質はアプリを再起動しても毎回固定される。

①アプリで動画再生ページへ移動
②画面右上のメニューをタップ
③画質を選択
④任意の画質を選択する

※ブラウザ版はページをリロードしたり、別動画を開くたび自動設定にリセットされてしまう。

PCでYouTubeの画質を固定する PC版YouTubeはアドオン等を使わなくても「再生ページの歯車アイコン > 画質」で設定した画質は毎回固定される。

高画質・低画質で固定する【Android/iOS】

こちらの項目では、Android端末・iOS端末ユーザーの方向けたYouTubeの画質を固定する方法をピックアップしています。

PCからYouTubeを視聴される方はこの下の「PC版YouTubeの再生画質を固定する」を参照ください。

YouTube公式アプリで画質を固定する

結論からお伝えすると、常に画質を固定して視聴したい場合は公式アプリから視聴するのがベターです。一度設定を行えば、常に指定した画質で再生することが可能だからですね。

YouTube公式アプリをインストールしている方は、下記の手順で任意の画質に設定してみましょう。

再生画面で右上のメニューをタップする

動画再生ページに移動したら再生画面右上のメニューをタップします。

すると再生設定が表示されるので、一番上の「画質」を選択しましょう。

144p~1080pの間から画質を選択する

画質をタップすると上記のように画質の設定メニューが現われます。

再生画質 データ消費量/1時間
1080p(HD画質) 約1.4GB
720p(HD画質) 約810MB
480p(高画質) 約360MB
360p(標準画質) 約239MB
240p(低画質) 約120MB
144p(最低画質) 約80MB

※スマホからでも最高画質-1080pを選択可能ですが、画面が小さすぎて恩恵を受けられないため、480pまでで十分ですね。ただ、その分1時間当たりのデータ消費量は最低画質と比べて4倍以上になるため外出は注意しましょう。

YouTubeアプリ上だと設定した画質は固定される

「他の動画を視聴したり、アプリを再起動すると設定がリセットされるのでは?」と心配される方もいらっしゃると思いますが、一度設定した画質は固定されるので安心してください。

MEMO
「広告がブロック出来ない」・「操作性が好きじゃない」といった理由からYouTube公式アプリを利用したくない場合は、サードパーティアプリ「Evercast」を検討してみると良いでしょう。

サードパーティアプリEvercastもYouTubeの画質を固定して再生できる

コチラも公式アプリと同様に任意の画質に固定することが可能です。

モバイル版ブラウザだと画質を固定できない

広告を煩わしく感じるユーザーの一部には、広告ブロッカー+ブラウザ版YouTubeという組み合わせで視聴しているケースも少なくないでしょう。

しかし、ブラウザ版YouTubeでは、画質設定は出来てもブラウザを閉じるたび「自動設定」に戻ってしまいます。残念なことにブラウザ版だと固定することが出来ないのです。

スマホでYouTubeの画質を固定したい場合は、上述の通り公式アプリをはじめ、Evercast等のサードパーティアプリを利用しましょう。

PC版YouTubeの再生画質を固定する

こちらでは、PCからYouTubeを利用する方に向けた画質の固定方法を解説しています。

さっそく手順を見ていきましょう。

PCでYouTube再生画面を開いたら「歯車マーク」をクリック

動画再生ページを開いたら画面右下のメニュー欄にある「歯車アイコン」をクリックします。

再生画質設定メニューをクリックする

ウィジェットが開いたら一番下の「画質」をクリックしてください。

144p~1080pから画質を選択する

選択可能な画質が表示されます。

144p(最低画質)~1080p(HD画質)の範囲からお好みの画質に設定してください。

なお、この手順で画質を変更した場合、ウィンドウを閉じても画質は固定されます

シークレットウィンドウだと画質がリセットされる

PC版YouTubeはブラウザから設定しても固定されますが、シークレットウィンドウで開いた場合はシークレットウィンドウ内の画質設定は次回以降リセットされてしまいます。(通常のウィンドウに影響はありません。)

シークレットウィンドウを利用されている方は注意してください。

YouTubeの画質を固定する手順まとめ

スマホでYouTubeの画質を固定する YouTube公式アプリ上で設定した画質はアプリを再起動しても毎回固定される。

※ブラウザ版はページをリロードしたり、別動画を開くたび自動設定にリセットされてしまう。

PCでYouTubeの画質を固定する PC版YouTubeはアドオン等を使わなくても「再生ページの歯車アイコン > 画質」で設定した画質は固定される。

スマホ版YouTubeの画質に関してはブラウザ版だと絶対にリセットされてしまので、面倒だなと感じる方はアプリを利用するのがベターですね。

公式アプリだと強力なADブロッカーも効かないのがネックですが、食わず嫌い感覚でアプリを使った事が無い...という方は、この機会にインストールしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です