こんな時期こそ知りたい『外出せずに家で楽しく過ごす方法』

YouTube再生時に「エラーが発生しました」と表示された時の原因と対処法

YouTubeを見ているタイミングで、急に「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください」と表示され、せっかく楽しく見ていた動画が再生されなくなると、とても残念な気持ちになりますよね。

しかも、そうなってしまった場合に対処法がわからないとなると、余計にストレスが増してしまうのではないでしょうか?

そこで、こちらでは「エラーが発生しました」と出てしまった時の、原因と解決策をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

エラーが発生しましたと表示される原因 一次的なYouTubeアプリの不具合、またはエラー
ネットへ接続している時の回線の途絶え、混雑
スマホの空き容量が不足している
スマホやパソコンなど、使用している機器の不具合
充電器やプラグなどの接続機器によるトラブル
再生するための対処法 YouTubeアプリの再インストール、アップデート
YouTubeアプリの再起動、接続環境の見直し
スマホやパソコンなどの空き容量を増やす
他の端末で、アプリやネットへの接続を試みる
充電器やプラグなどの接続機器の一時的な解除

YouTubeの「エラーが発生しました」の原因と対処法

一時的なYouTubeアプリの不具合・エラーの場合

もう一度再生するためには、「YouTubeアプリの再インストール、もしくはアップデート」を試してみてください。

時間が経てば問題が解決することもありますが、ある程度時間を置いても改善されない場合には、YouTubeアプリをスマホなどの端末から一旦削除して、もう一度取り込みなおすと改善される可能性が高いです。

また、使用中のアプリが自動的にアップデートされていない可能性もありますので、確認をしてみましょう。

ネット接続時の回線の途絶え・混雑時

「YouTubeアプリの再起動、もしくは接続環境の見直し」をすることも有効的な手段のひとつです。

一旦YouTubeアプリやネットへのアクセスを止め、再起動をしてみてください。

もしくは、使用しているWi-Fiやスマホのモバイルデータ回線が一時的に途絶えてしまっているか、混み合っている場合がありますので、再接続を試みると改善される可能性が高いです。

スマホの空き容量が不足している場合

上記の方法で改善されない場合は、一度自分の使用しているスマホやパソコンなどの機器の空き容量を確認してください。

キャッシュと呼ばれる一時的に蓄積されるデータが溢れてしまっている可能性があります。

もし容量が足りていないようなら「空き容量を増やす」ことをオススメしますよ。

スマホやPCの不具合が原因の場合

一度、YouTubeのアプリやネットだけでなく、自分の使用している他の機器のアプリにも不具合が発生していないかどうかを確認してみてください。

もしかすると、現在使用している機器の不具合の可能性もありますので「他の端末で、YouTubeアプリやネットへの接続」を試みてください。

充電器やプラグなどのトラブルが原因の場合

接続している充電器やプラグとのトラブルが原因の場合もあります。

一度、現在使用している「充電器やプラグなどの接続機器の一時的な解除」を試してみてください。

「エラーが発生しました」と出て再生できない時の対処法まとめ

エラーが発生しましたと表示される原因 一次的なYouTubeアプリの不具合、またはエラー
ネットへ接続している時の回線の途絶え、混雑
スマホの空き容量が不足している
スマホやパソコンなど、使用している機器の不具合
充電器やプラグなどの接続機器によるトラブル
再生するための対処法 YouTubeアプリの再インストール、アップデート
YouTubeアプリの再起動、接続環境の見直し
スマホの空き容量を増やす
他の端末で、アプリやネットへの接続を試みる
充電器やプラグなどの接続機器の一時的な解除

上記でご紹介した方法で、ほとんどの場合はエラーの不具合が解消されます。

しかし、どれを試しても改善しなかったという方は、最終手段として「使用している機器の再起動」を試してみてください。

このような原因や対処法を覚えておくと、YouTubeアプリのエラーに限らず、他のアプリにもいざという時に対処できるので安心ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です