こんな時期こそ知りたい『外出せずに家で楽しく過ごす方法』

トイレットペーパー品薄デマを流した人物が職場で特定&処分へ

トイレットペーパーが品薄になる。根拠付きで説明する…こんなデマ情報をTwitterで拡散した影響で一時的に紙類の在庫が少なくなっていますが、つい先日デマを流した1人が特定されました。そして、勤務先にも発覚したとのことです。

この記事では、このデマ情報を流布した人物の正体について触れていきます。

トイレットペーパー品薄デマを流した男性 ・鳥取県米子市在住の男性
(SNSにて自ら位置情報を発信していた)
・現段階では“誤情報を発信したうちの1人”とされている
どんな人物? ・介護職員とSNSのPRに記載
(勤務先も誤情報を発信した人物の1人とアナウンス済)
・フォトグラファーとして活動中?

トイレットペーパー品薄デマを流した人物の正体とは?

食料品買占めの発端となったデマツイート

△デマツイートの魚拓・発信元の「ゆうじ/一瞬の輝きを切り取るフォトグラファー」氏

トイレットペーパー・ティッシュペーパーから始まり、米やカップラーメンなどの食料品まで品薄の状況が続いていますが、この発端となった「トイレットペーパー品薄デマ」を流した一人が、上記のTwitterアカウントを運営する“ゆうじ”という人物とみられています。あくまでも噂を流した一人であり、一番最初に情報を発信したかどうかの裏付けは取れていないのが現状です。

  • 新型コロナウィルスによって品薄になる予想を根拠付きで伝える
  • 生産元が中国のティッシュ・トイレットペーパーは品薄になる
  • 中国はコロナで紙類を生産しなくなるため事前に購入した方が良い

既にTwitterアカウントは削除されてしまっていますが、魚拓を見るとこのようなツイートが残っています。

ただ、日本国内におけるトイレットペーパー・ティッシュの生産率は9割強あるため、ゆうじ氏が話すような枯渇状態にはなり得ないでしょう。3月3日に行われた参議院予算委員会では、安倍総理が直々に「トラックの供給トラブルはあるものの、在庫は十分にあるので安心してほしい」と話しています。

Instagramでは活動記録も

アカウント名に“フォトグラファー”と記載されていますが、彼のInstagramを確認してみると確かに綺麗な写真がたくさん並んでいることが確認できます。

ただ、当然ながらコメント欄はかなり荒れていますね。

インスタのコメント欄

すでにTwitterアカウントは消され、Instagramの内容も若干修正されているので彼が普段どんな内容を発信していたかを確認することはできませんが、なぜ今回のような誤情報を発信するまでに至ったのでしょうか。

職場で特定&処分の流れに

この男性の本名ならびに職業はTwitterでも特定されており、介護系の職員として勤務していたと思われます。

そして、3月3日時点で勤務先とみられる組合が公式サイトにて「トイレットペーパーが品薄になる旨の事実とは異なった情報をSNSに投稿した」とアナウンス。組織側も男性のみが発信していたとは表現せず “事実とは異なった情報のSNSへの投稿の1人” と記載しています。

なお、処分内容に関しては組合規定に照らし厳正な対応を行うとのこと。

トイレットペーパー品薄デマを流した人物まとめ

SNSの一部のユーザーから日本全国まで飛び火したトイレットペーパー品薄デマ。

人間は不安になると日常品を購入する傾向がある…といったデータもありますが、やはり根拠もなく不安を煽るような情報を発信するのはパニックの原因になりますので、こんな時だからこそ落ち着いて行動したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です