こんな時期こそ知りたい『外出せずに家で楽しく過ごす方法』

YouTubeの閲覧履歴を削除する方法!再生履歴が残らない時の原因も

「まさかYouTubeに閲覧履歴が残されるなんて知らなかった」

「ちょっと覗くくらいなら大丈夫だと思ったのに…」

と、思うこともあるのではないでしょうか?

検索履歴や閲覧履歴など、周りに知られたくない時もありますよね。

そんな方のために、こちらでは“閲覧履歴を削除する方法”“再生履歴が残らない原因”をご紹介しています。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

YouTubeの閲覧履歴を削除する方法【アプリの場合】 ライブラリ内にある“履歴”ボタンをタップして削除する
YouTubeの閲覧履歴を削除する方法【ブラウザの場合】 左上のバーから“履歴”を選択して“すべての再生履歴を削除”
なぜか再生回数が残らない時の原因 “再生履歴を一時停止”がオンになっていないか確認する

YouTubeの閲覧履歴を削除する方法

【アプリの場合】

  1. 下に並んでいるホームボタンや検索ボタンの中から「ライブラリ」のボタンをタップ
  2. 視聴したコンテンツや再生リストの画面内から、「履歴」ボタンを選択
  3. 画面右上にある点が3つ並んだメニューボタンをタップし、「履歴の管理」をタップ
  4. 「再生履歴を削除」を選択すると、自分のアカウントにあるすべての履歴を消すことができます
  5. 気になるようなら、同じ場所にある「検索履歴を削除」を選択するのがオススメです

【ブラウザの場合】

  1. ホーム画面の左上にある3つの線が並んだメニューボタンをタップし、その中から「履歴」ボタンを選択
  2. 画面の右側に、出てくる「再生履歴」を選択し、「すべての再生履歴を削除」と書いてあるボタンを選択し削除を実行する
  3. 同じく「検索履歴」を選択すると、「すべての検索履歴を削除」することができます

なぜか再生履歴が残らない時の原因

上記で説明したところと同じく、「再生履歴」を選択し、「再生履歴を一時停止」の状態になっているかどうか確認をしてください。

「再生履歴を有効にする」という状態になっていると、履歴が残らない原因になりますので、注意してくださいね。

YouTubeの閲覧履歴を削除する方法まとめ

YouTubeの閲覧履歴を削除する方法【アプリの場合】 ライブラリ内にある“履歴”ボタンをタップして削除する
YouTubeの閲覧履歴を削除する方法【ブラウザの場合】 左上のバーから“履歴”を選択して“すべての再生履歴を削除”
なぜか再生回数が残らない時の原因 “再生履歴を一時停止”がオンになっていないか確認する

今回は“閲覧履歴を削除する方法”“再生履歴が残らない原因”をご紹介しましたが、いかがでしたか?

原因や方法さえ知っておけば、どのタイミングであっても焦らずに対処することができるので、安心ですよ。

こちらの記事を参考に、ぜひ快適なYouTubeライフを送ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です